土地活用は利回りを考えることが大切

土地活用では利回りを考える

土地活用を考える際には利回りを意識することが大切です。
相続を行うことになり、実家の遊休地の利用方法を検討していくことになりました。
取得した土地の活用方法を検討していくにあたり、思いついたのがアパートやマンションなどの賃貸物件の運用と駐車場の設置です。
長きに亘って収入を発生させられるのはどちらかと考え、管理面の手間は伴いますが、賃貸物件の運用を行うほうが良いと判断しました。
実際に運用を考えるにあたり、まずは情報収集が大切と、インターネット上の不動産情報サイトから幾つかの投資物件を選んでいきました。
サイト上で気にした部分は、表面利回りと実質利回りです。
似たようなエリアでも、建てる物件の形状により、利回りは大きく違っていくものです。
土地を持っていても、物件を建てる資金は借り入れの必要があり、可能な限り少ない予算で利回りの良い物件を建てる必要があったのです。
いろいろな物件を調べていった後、建築コストを安く抑えることが可能な木造アパートが良いと落ち着きました。
相続した土地の周りには平屋が多く、周囲の景観を考えると高層マンションよりも、木造アパートのほうが良かったのです。
アパートの建築を考えるにあたって、複数の施工会社に相談を行うことを心がけました。

土地活用では利回りを考える資産運用のセミナーに参加するアパート経営は入念な検討と資金計画が必要